スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ハーイ、どうぞオハイリクダサイ」 薄明かりの中に見えたのは

お入りんこ


181:本当にあった怖い名無し:2009/05/11(月) 08:28:25 ID:9K8xhto8O
弟が配達の仕事してんだけど
配達先着いて、ピンポン押したら

「ハーイ、どうぞオハイリクダサイ」

って聞こえるのに、いくら待っても扉が開かない。
何度か繰り返しても、一向に開く気配がない。
弟、気味悪くなって、一旦引き返したそうだ。
日も暮れ、雨まで降ってきた。
「あとはあの家‥」
弟はもう疲れきっていて、早く仕事を終わらせたかった。
幸い、家主はいるようだ。
家の灯りがカーテンからもれていた。

「どうぞオハイリクダサイ!」

またあの声だ…。
扉は開かない。
弟半泣きになりながら
「イタズラは止めて下さい!」
って叫んだ。
その時、後ろから肩をたたかれた。
「どうかしました?」
その人、その家のご主人だった。

経緯を話た所、ご主人は少し間を置いて
「まぁ、どうぞお入り下さい。」
振り向きざまにニヤリと笑ったように見えた。




182:本当にあった怖い名無し:2009/05/11(月) 08:35:55 ID:9K8xhto8O
玄関は薄暗く、雨のせいかじっとりしていた。
その時またあの声が。

「オハイリクダサイッ!オハイリクダサイッ!」

弟はもう腰を抜かした。薄明かりの中に見えたのは
可愛らしいセキセイオカルトだった。
奥さんは風呂に入っていたそうだ。
ナンマンダブナンマンダブ

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1240727462/



(,,゚θ゚)気をつけよう! 甘い言葉とインコの声!
妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な日常(1) (YA!ENTERTAINMENT)
香月 日輪

講談社
売り上げランキング : 133080

世にもおかしな妖怪館での下宿生活! 夕士が高校入学と同時に始めた憧れの下宿生活。しかしその洋館風アパートの住人たちは、除霊師の少女や耽美小説作家、一風変わったオバケたちだった……。
Amazonで詳しく見る
関連記事

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ 2013/02/28 20:30 ] 鳥おもしろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m0furu.blog.fc2.com/tb.php/293-bd7085b7

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。