スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夫婦の絆…飛べない「K子」に寄り添う雄【北海道:タンチョウ】

Red-crowned Cranes
画像は別のタンチョウです Photo by:Alastair Rae


【横山蔵利】冬を越すために、国の特別天然記念物・タンチョウが給餌(きゅうじ)場のエサを求めて次々と飛来する阿寒国際ツルセンター(釧路市)。その中に、1羽だけ歩いてやって来るタンチョウがいる。羽が折れて飛ぶことはできないが、つがいの雄が見守るように寄り添っている。

このタンチョウは、足に個体識別リング「K02」がついていることから、「K子」の愛称で呼ばれている。

全文・K子さんの画像は引用元でご覧ください。
朝日新聞デジタル 2013年01月24日
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001301240005


(,,・θ・)K子ちゃんが発見されたのは昨年の11月21日。
地元住民の方から「翼の折れたタンチョウがいる!」と阿寒国際ツルセンター(グルス)に連絡が入ったそうです。



その日の様子を阿寒国際ツルセンターの主任解説員のミキィさんがブログに綴られています。
2012/11/21 無事で・・・(タンチョウ&ミキィ)
(,,・θ・)「なぜ保護をして治療しないの?」⇒無理に追い回すと怪我の悪化や体力の消耗で弱ってしまう可能性があるためだそうです。
車道をうろうろするK子ちゃんの姿を何人もの住人の方がセンターへ連絡してくださったそうです。
タンチョウが地元の方々にとても愛されているのが感じられてウルッとしてしまいました(,,;θ;)


次の日(2012/11/22)
K子さんは安全なセンターの給餌場までたどり着き、元気にご飯を食べているため保護はせずに経過観察を続けることになりました。
弱った野生動物は仲間から外されることが多いと聞きますが、K子ちゃんはいじめられることもなく仲間たちとご飯を食べているそうで一安心。


K子ちゃんが「K子ちゃん」になったのはさらに次の日。名付け親はもちろんミキィさん!
2012/11/23 K子ちゃん
(,,・θ・)K02じゃ味気ないですもんね。


数日後、トコトコ歩くK子さんに寄り添う別のタンチョウが現われます。
2012/11/29 愛がうまれた日
(,,・θ・)タンチョウの求愛の季節は2月、まだ決定したわけではありませんがこれはドキドキせざるを得ない展開!!


センターでは12月~2月の極寒期に、いつものご飯だけではなく「おさかなタイム」と称して生きた魚(ウグイ)をタンチョウに与えるそうです。
それを狙って集まるキツネ、トビ、オジロワシ…そして魚を奪われまいと殺気立つタンチョウたち。
怪我をしたK子は大丈夫なのか? 彼鳥に守ってもらっても魚を食べるどころか襲われたり…?
2012/12/3 がんばれK子!
(,,゚θ゚)な、なんとK子ちゃんがオジロワシに襲いかかった!!?
折れて垂れ下がった翼を大きく広げてオジロワシに立ち向かうK子ちゃん、いえK子さんと呼ばせてください!
K子さんの生命力の強さに彼鳥も惚れ直したに違いありません。
それから毎日K子さんと彼鳥は寄り添って給餌場に現われるようになりました。
歩くKさんに合わせて飛ばずに歩く彼鳥。これぞ漢の中の漢…惚れてまうやろォ!



それでも……夕方、タンチョウは給餌場からねぐらへ帰ります。
彼鳥は「いっしょに帰ろう」とK子さんを誘い、飛び立つために助走を始めます。
K子さんも彼に応え、助走を始めますが……。
2012/12/28 翼をください
K子さんは、飛べません。
彼を見送るK子さんの後姿が切なくて、胸が痛みます。
この頃になると、K子さんは給餌係の人間のすぐ側にまで寄って来てご飯を食べるようになっており、捕まえようと思えばすぐに捕まえることが出来ます。
しかし仲間の前でK子さんを捕まえてしまうと、仲間たちはこの場所は危険だと認識し、二度とセンターに現われなくなってしまう危険があるそうです。
そして捕まえてしまうと、K子さんは彼鳥から引き離されることになります。
治療をしても、おそらく翼は切らなければなりません…。
K子さんにとって最良の選択はなんなのか、いくら考えても答えは見つかりません。


答えが出ないままK子さんと彼鳥を見守る日々が続きます。
そしてついに運命の日が訪れました。
2012/12/30 永遠の愛
K子さんと彼鳥が「鳴き合い」を始めました!
一生を一夫一妻で過ごすタンチョウ、二羽はこれで生涯を添い遂げる夫婦となりました。
タンチョウの「鳴き合い」は「鳴き愛」なんですね。
K子夫婦、どうか末永くお幸せに!!


【参考動画】タンチョウの求愛ダンス


そうそう、今回のニュース記事の朝日新聞の写真では折れた翼に氷の塊がくっついてとても痛々しく見えますが、2013/1/9 に給餌係さんから取ってもらったそうですよ!

駆け足でK子さんの「今まで」をご紹介させていただきました。
ミキィさんのブログでは美しく雄大なタンチョウたちの写真が毎日公開されています。
(,,・θ・)ぜひK子夫妻の「これから」もチェックしてみてくださいね。

関連リンク
阿寒国際ツルセンター【グルス】
タンチョウ&ミキィ阿寒国際ツルセンターの主任解説員のミキィさんのブログ 


[北海道お土産]丹頂鶴の卵 (北海道土産・国内土産)[北海道お土産]丹頂鶴の卵 (北海道土産・国内土産)

釧路湿原の丹頂鶴の卵をイメージしました。 黄味あんとカステラ生地、ホワイトチョコのハーモニーが絶妙です。

RHトラベラー株式会社
売り上げランキング : 75806

Amazonで詳しく見る
関連記事

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ 2013/01/28 20:30 ] 鳥ニュース | TB(0) | CM(1)

ありがとうございます!

タンチョウK子で検索して辿り着きました。
ご紹介頂きましたミキィです。
K子は今日も元気に給餌場で過ごしています☆彡
これからも見守っていきますので、どうぞよろしくお願い致します!
[ 2013/02/02 12:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m0furu.blog.fc2.com/tb.php/242-6a49e726

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。