スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【続報】アホウドリ、ひな誕生せず…

640px-Short-tailedAlbatross(Phoebastriaalbatrus).jpg
Short-tailed Albatross (Phoebastria albatrus) Photo by:Moore, Steve

前回記事はこちら
 ⇒特別天然記念物「アホウドリ」 移住先の小笠原諸島で産卵に成功


昨年12月5日に初の産卵が確認され、今年1月に雛の誕生が期待されていたアホウドリでしたが…

アホウドリのひな保護へ 聟島、母不明で衰弱の恐れ  MSN産経ニュース 2013年01月15日
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130115/tky13011521420014-n1.htm

聟島で繁殖したアホウドリの対応について―報道資料PDF(山階鳥類研究所)
 このまま雛が生まれてもオスだけではヒナを育てることはできないため、ヒナが孵った場合は山階鳥類研究所が卵もしくはヒナを回収し、人の手で育てるというニュースが発表され。

アホウドリ、ひな誕生せず 小笠原諸島、無精卵でした  河北新報社 2013年01月17日
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/01/2013011701001628.htm
聟島のアホウドリの卵について―報道資料PDF(山階鳥類研究所)
 孵化予定日の17日を過ぎてもヒナが誕生しなかったため研究員が卵を回収したところ、なんと未受精卵だったとのこと。

聟島で抱卵中だったアホウドリの卵は発生していませんでした(山階鳥類研究所 広報ブログ)
研究員の方の思いが綴られております。



アホウドリ父さん、飲まず食わずで2ヶ月間も卵を温めてきたのになんてこった…(,,;θ;)
メスは夢精卵だと分かっていたから戻ってこなかったのでしょうか…。
まずは抱卵で疲れた体を癒して、次の繁殖の機会にはぜひ聟島で、今度こそパパになれますように!

関連記事

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ 2013/01/20 12:30 ] 鳥ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m0furu.blog.fc2.com/tb.php/232-d7340e08

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。