スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【チリも積もれば】 2トンものハトの糞が運び出される スウェーデンの教会塔

Trinity church
Heliga Trefaldighets Kyrka Photo by:plastAnka

[ストックホルム 23日 AP] 教会塔の屋根のハッチをうっかり開けたまま約30年放置していたため、塔内にハトの糞がなんと2トンも積み上がっているのが最近になって分かったという。

ストックホルム北方170kmのイェブレにある教会「Heliga Trefaldighets Kyrka」の塔で、5月の調査でハトの糞がおよそ30センチ積み上がっているのが発見された。

関係者によると糞の除去作業は木曜日に行われ、最初の段階で糞を詰め込んだ袋が約80袋も運び出され、次の段階でもほぼ同数の袋が必要になるほど大量の糞が堆積していたとのこと。

「おそらく1980年代からずっと開けっ放しになっていたと思います」と、この関係者は話している。


エキサイトニュース http://www.excite.co.jp/News/odd/E1353808928908.html





Heliga Trefaldighets kyrka, Gävle - Wikipedia

(,,・θ・)この美しい塔のどのあたりがハトのトイレになっていたのでしょう…。
この教会のwikiをgoogle翻訳で見てみると、一度火災で損傷して復元した教会のようですね。
ハトが壁の修復を手伝ってくれたんだと思えば幸せになれる…かもしれない?
参考までにハトのウンコ画像を。

842289_8f32b1e0.jpg
Pigeon House (stephen samson) / CC BY-SA 2.0

……幸せにはなれそうもないですね…。
みんなウッカリには気をつけよう!(迫真)

関連記事

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ 2012/11/28 12:00 ] 鳥ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m0furu.blog.fc2.com/tb.php/135-f7e71a35

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。