スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カラスを食べて撃退!? ドライカレー風と唐揚げに【青森】

カラスの羽
Photo by:OpenCage


  カラス被害:食べて撃退!? ドライカレー風と唐揚げに−−弘前 /青森

フン害やごみの食い荒らしなどカラスの被害に悩む弘前市民が、とうとうカラスを食べる挙に出た。カラスのいたずらを懲らしめようとの悪趣味にはあらず、駆除する以上は命をいただくという思いを込めて企画。さて、「食べて撃退」の作戦は成功なるか。

 弘前市百石町の屋台村「かだれ横丁」で催された「カラスを食べる会」。集まったのは今薫・百石町会長(59)や阿部精一・茂森町会長(62)ら、中高年の市民有志6人。横丁でインド料理店を営むタパ・ヤム・バハデウさん(32)の調理でドライカレー風と唐揚げの2種類の試作料理に挑んだ。

 阿部さんは「肉はシナイ(筋張っている)ので、よくかまなくてはだめ。くさみは意外にない。唐揚げは酒のつまみにイケるかも」との食後感。同市向外瀬の加藤博次さん(67)は「カラスだと言われなければ、見た目では何の肉か分からない。ただ、メニューにあっても注文はなあ……」と引き気味だ。結局、試食には4皿が並んだが、箸はあまり進まなかった。

 料理に供されたカラスは、隣の西目屋村の農業被害で駆除されたもの。弘前市はカラスのフン害やごみの食い荒らしに困った末、7月から捕獲わなを市内2カ所に仕掛け、10月末までに計95羽を処分している。

 「食べる会」を呼びかけた今さんは「いたずらはカラスの勝手、処分は人間の勝手でしょ、では済まない。命を奪う以上、命をいただくという責任の取り方があるのでは」と神妙な表情。「長野県にはカラス料理が名物のレストランもある。弘前でも、料理のチャレンジャーが現れてほしい」と“続編”に期待する意向だ。【松山彦蔵】


カラス被害:食べて撃退!? ドライカレー風と唐揚げに−−弘前 /青森
(毎日新聞 2012年11月13日 地方版)
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20121113ddlk02040002000c.html




▼長野県のカラス料理が食べられるお店
長野県茅野市フレンチレストラン・オーベルジュエスポワール>ジビエ料理に一覧があります。

▼ナニコレ珍百景にてカラス料理が紹介されたそうです。
ナンジャコレ珍百景にカラス料理のお店が登場!…どうやら美味しいらしい(長野ウラドオリ)

▼狩猟免許をお持ちの管理人さんが作るオリジナルカラス御膳
カラス御膳(趣味友遊)
※捕獲から処分、解体、調理までを画像つきで紹介しているサイトなので閲覧にはご注意ください。

▼こちらもハンターによるカラスをはじめ豊富な野鳥レシピ集
カラス料理レシピ集(ハングリーハンター)
※捕獲から処分、解体、調理までを画像つきで紹介しているサイトなので閲覧にはご注意ください。



(,,・θ・)「いたずらはカラスの勝手、処分は人間の勝手でしょ、では済まない。命を奪う以上、命をいただくという責任の取り方があるのでは」という考えが素晴らしいと感じ、記事にさせていただきました。

(,,・θ・)自分の田舎ではゴミ収納庫を設置したらカラス被害がまったくなくなりました。
(カラス自体は電線にカラスが留まって何キロも真っ黒になるほどいます。むしろ今はカラスより分別せずにゴミを放置する人間の方が問題になってます。)
都会で収納庫の設置は土地の広さ的にむずかしいのでしょうか…。
かといって焼却処分というのはあまりにも無責任ですし、この取り組みはもっと広げていってほしいです。
どんなトンデモない物でも無駄にせずおいしく美しく調理してしまうのが日本人のいいところ。カラスも美味しい調理法を発明してカラスとの折り合いをつけていきたいですね。ぜひ食べてみたい。

関連記事

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ 2012/11/17 12:00 ] 鳥ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m0furu.blog.fc2.com/tb.php/113-93671613

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。