スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飛ぶのが怖いフクロウ見つかる【英国】

Peeping wol
Photo by:Paul Stainthorp
※画像はニュース記事とは別のカラフトフクロウです。

ケントのアマチュア写真家マーク・ブリジャー氏は、新聞「The Telegraph」のインタビューに応じた中で、「リバプール近郊のサファリパークにある煉瓦の建物の窓にフクロウがいるのを見て、驚いたというかギョッとした」と語った。ブリジャー氏が撮影した変わったフクロウの写真は、ハロウィンを前にインターネット上で大きな話題になっている。

  飼い主のジャネット・サウドハードさんによれば、フクロウのガンダルフ(トールキンの「指輪物語」に出てくる魔法使いの名前から)は、一日の大部分を窓辺で過ごし、他の鳥達が飛んでいる姿を悲しげに眺めている、との事だ。

 「ヴェスチ」が伝えたところでは、このフクロウが鳥には極めて珍しい病気の持ち主である事が分かったのは、彼を屋外の檻に移そうとした後だった。それ以来、彼はずっと、赤いレンガの小さな納屋の中で過ごしている。




↓カラフトフクロウのガンダルフさんの画像はソースでご覧ください。↓
ソース:http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/9647925/Gandalf-the-agoraphobic-owl-is-given-his-own-brick-house.html



(,,・θ・)いったいどんな病気なんでしょうか…。
カラフトさんは昼夜問わず元気に狩りをするフクロウなのに、ガンダルフさんはなんだか寂しげに見えます。
完治したら空を飛べるようになる病気だと祈るばかりです。

「続きを読む」からは掛川花鳥園に行ったときに出会ったカラフトフクロウさんのことをつれづれと。



(,,・θ・)カラフトフクロウは掛川花鳥園で初めてその姿を拝見しまして、
あまりの顔の面白さにガラスに張り付いて凝視してしまいました。
バウムくん

本物を撮ればいいのになぜか看板を撮影してしまうほどにツボにハマりました。

なにこのバームクーヘン

看板まで撮る始末

カラフトフクロウの詳しい説明⇒静岡県掛川花鳥園 世界のふくろう カラフトフクロウ

いちゃいちゃカラフトフクロウ⇒神戸花鳥園公式ブログ(過去ログ) カラフトフクロウの疑惑。


(,,・θ・)いちゃいちゃ…かお…かおがバームクーヘンにうまっとる…
(,,゚θ゚)私もカラフトフクロウのバームクーヘンにかじりつきたいぃぃぃ!

スポンサードリンク
関連記事

(,,・θ・)こちらの記事もいかがですか?





[ 2012/11/12 11:30 ] 鳥ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m0furu.blog.fc2.com/tb.php/105-a01e9ae8

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。